2013年5月27日月曜日

ぱんぞうのスーパー射的

(旧題「ウルトラぱんぞう スーパー射的」

時間を測るプログラムを覚えたので
早撃ちを計測して競い合うゲームを作った。
当時クレー射撃で面白いWEBゲームがあったので、
影響を受けたが、作ったら全くの別物になった。

企画段階では、早撃ちだけを作ろうしたが、
それだけでは、あまりにさびしいのでいくつかモードを追加した。

また、遠近感を出して、奥の的と手前の的の当たり具合の違いを
飛んでいく弾の時間、3D的なグラフィックで表現したかったけど
スキルが足りず、マウスをクリックするだけの遠近感のないものに。

それでも、あくまで銃を撃っているような気分になることができるように
サウンドと銃の反動の動きなどこだわって作った。

子供向きなのにリアルすぎじゃないかと言われたことも
あったが、人を狙うわけではなく、スポーツとして描いたつもり
だったので、担当編集者も特に何も言わなかった。

「あそびかた」で
ぱんぞうのおやじを狙って撃つ人とが絶対にいると思ったので
ちょっぴり仕込みをした。

それは、子供に対する大事なメッセージでもある。



ゲーム制作ソフト Macromedia Director7


【ゲームの攻略】

反射神経とマウスさばき。


それだけ。