2013年5月31日金曜日

不思議の星のパズル

(旧題「ウルトラぱんぞうの不思議の星のパズル」)


ありふれた15パズル。

パズルゲームはプレイするのが苦手なので
作ることも苦手だ。

15パズルは、当時の担当者の熱望で作ったが、
面白みを感じることができなくて、気が進まなかった。
ぱんぞうのストーリーを無理やり入れてみたら、
担当者はとても褒めてくれた。

「そこが鶴岡さんらしくていい」


肝心のゲームはよくあるゲームだ。
僕らしさって何か。
ゲームを何本も作っているとたまに悩むことがある。

ぱんぞうがコミカルなアクションで動き回る。
やられっぷりが笑える。
顔がおかしい。

そんな部分をこのゲームでは出せなかった。



今の子供は15パズルとかやるのかな。


15パズルは小学生の頃、兄が持っていて、
うらやましかった。
透明なプラスチックのケースに入っていて、
1列4個ずつピンク、黄色、青、白に色分けされていた。
理由は忘れたけど、兄からもらって、大事にしていた。
かなり遊んだ。
上手くいかないとき、あきらめて、取り出して、
そろえてはめて、完成したことにしていた。

誰に見られているわけでもないが、
ズルをしたことに気がとがめて、やり直したりしたり…。




懐かしい。




ゲーム制作ソフト Macromedia Director7


【ゲームの攻略】


あきらめない。




それだけ。