2013年6月17日月曜日

ハイパーマリンレース

Director8.5は、shockwave3Dが搭載され、
疑似3Dではなく、3Dでゲームを作ることが
できるようになった。
しかし、2Dグラフィック、漫画をメインでやってきた
僕にとっては、敷居が高かった。
いくつか手頃な3DCG作成ソフトはいじったことが
あるが、どれもしっくりこなかった。
「Ray Dream Studio」だったかな。それと「Shade」とか。
ゲーム制作にスピードを重要視していたのもあり、
しかも、一人で作るののには3Dは、向かないと判断していた。
なんせ、モデリングがじれったい…。
もっと速く作りたい。
かといって、疑似3D(2Dで奥行きを表現している)のゲームも
技術的にまだまだであった。
そこで、思い切って横スクロールでレースゲームを
作ってみようと思ったのが、この「ハイパーマリンレース」だ。

「学校に行こう!」以降、横スクロールのスキルが多少身に付いたので、
プログラムの時間をぱんぞうの漫画的な表現に割ける。

ぱんぞうは、泳ぎが苦手という設定だったので、
ジェットスキーから落ちたあとあわてて戻るみたいな動きの部分にだ。

リアルさを追求するならば、
3Dで自分がジェットスキーに乗っている目線で作る方がよいのだろうが、
漫画的な動きを楽しませるのであれば、横スクロールも悪くない。

今回は、以前作った「ハイパーカート」で出来なかった“敵”を登場させることができた。
やっぱり、レースは、誰かと競争しなくちゃね。


ゲーム制作ソフト Macromedia Director8.5

【ゲームの攻略】

ロケットスタートをする。
スペースゴリやソンandトクに近づかない。
ジャンプ台に乗ってスピードに乗れ。

そんなところかな。